看護部紹介

カーディガンを着ているのが
冬木看護師長
研修医や若い看護師にとっては
”島のお母さん”です
看護師長コメント
・看護部理念
地域の皆様に的確で、適切な、温かみのある看護を実践する事を目標にしています。
・方針
1)人間性を尊重し、その人に相応した自立した生活への援助をします。
2)患者様の権利を守り、プライバシーの保護に努めます。
3)外来 入院 在宅看護を通して一貫し継続した看護をします。

大島医療センターのホームページを見て頂き有り難う御座います。
当センターは19床の診療所で、離島という場所がら職員の確保がなかなか難しく
私達は少しでも魅力のある職場にしようと日々努力しております。
 職員数50名 そのうち看護師パート、派遣も含め約20名にて二交替で
病棟・外来・透析・訪問看護と頑張っています。
 勤務外の活動としてはそれぞれに、ダイビング、釣り、太鼓、陶芸
マラソン等楽しんでおります。
施設にも限りがありますので重症になられた方は東京の病院に搬送する場合も
ございます。 地域の皆様に貴方のお力をお貸し頂ければと思いますので
どうぞ一度お越し頂きますことをお願いいたします。
―――外来―――
ほぼ全科対応です。
様々な診療器具・処置、そしてそれに関連する外来看護を日々学び提供しています。
また、外来インスリン導入や化学療法といった患者様の在宅療養生活にあわせた
ケア・指導にも応じています。
二次救急指定ですが、島であることから三次に至るケースの初期治療も行います。
医師を含むコ・メディカルとの関わりも密接で、「学びながらアットホーム」な外来です。
―――病棟―――
周産期から急性・慢性期そして終末期に至る全科の患者様に対応しています。
周産期は助産師主導のもと、スタッフ皆で関われる体制をとっています。
在宅移行期にある患者様においては訪問看護師や地域の支援スタッフと連携をとり
患者様及び家族の方に在宅準備指導を展開しています。
●申し送り風景●
病棟・外来看護師・MA(メディカルアシスタント:看護助手)・薬剤師・PTや時には医師も参加して
申し送り・カンファレンスを行います。
スタッフ全員が患者様の情報を共有し、より良いケアの提供に努めています。
●医師とリーダーNsの重点ミーティング●
適時、患者様の状態把握と治療や
看護の方針を情報交換しています。
●ケアの実際
☆看護師とMAがペアとなりケアを提供しています。
  MA自身も、ケアのプランニングや患者様の細かい
  点にも目を向け、看護師と共に考えながら実践
  しています。
●処置風景
☆DIV・IVH・経官栄養管理や、PTと共に嚥下や
  機能訓練など全科に関わる処置・ケア・指導を
  行っています。
●MA
外来・病棟・透析室・放射線科と
各部署にMAが配置され、患者様の
治療・看護にたずさわっています。

●――プライベート――●

☆サーフィン・スキューバーダイビング・釣り・etc・・・と余暇は大満喫三昧!!
  大島に来てスキューバーダイビングライセンスや自動二輪運転免許を取得した方もいます!!

●―――――景色&オフショット―――――●

浜辺でパーティー♪
クリスマスパーティー♪
晴れた日の風景(右奥に富士山!)
大島より南の伊豆七島
夕日
医療センター屋上からの夕日
派遣Nsコメント♪

大島での生活は、時間がゆったりと流れているので、精神的にゆとりが持てるように
なりました。
釣りや自動二輪運転免許取得など新しい事に挑戦しようと思えたのも
ここに来たからだと思います。
また自然豊かな大島は、感動的な景色に出会えることも多く、常にデジタルカメラを
持ち歩くようにもなりました。
職場には同世代の派遣仲間も多いので、プライベートで集まることも多く
淋しいと思ったことは一度もありません!
大島医療センターは島内唯一の複数科診療を行う医療機関という事もあり、
お産からターミナルまで幅広い分野を受け持つことになりますが、
それも離島だからこそ出来る事だと思っています。
他の離島も迷いましたが、今では大島を選んで大正解だと思っています。
初めての離島生活に不安がある人も、大島なら本土に近い離島という事で
さほど(?)不便を感じずに生活できると思います。
自信を持ってお勧めします!! ぜひ、大島に来てください。
inserted by FC2 system